コンテンツにスキップする

中国が渡航制限強化、厳格なコロナ対策に国民の不満広がる

  • 国家移民管理局、不要不急の海外渡航を制限すると発表
  • パスポートの発行が停止されたなどとの投稿も、当局は否定
スーパーマーケットの外で並ぶ人々(北京、5月12日)

スーパーマーケットの外で並ぶ人々(北京、5月12日)

Photographer: Kevin Frayer/Getty Images AsiaPac

中国政府の厳しい新型コロナウイルス対策に国民が不満を募らせる中で、渡航制限の強化が新たな反発を呼んでいる。

  国家移民管理局は12日、新型コロナの国内流入を防ぐため、国民の不要不急の海外渡航を厳しく制限し、出入国書類の審査を強化すると発表した。中国はパンデミック(世界的大流行)初期以来最悪の感染拡大を抑制しようと取り組んでおり、上海ではロックダウン(都市封鎖)が約6週間に及ぶ。次は北京も封鎖かと、首都に住む人々は警戒感を強めている。

Beijing Maintains Strict Measures After Recent COVID Outbreak
スーパーマーケットの外で並ぶ人々(北京、5月12日)
Photographer: Kevin Frayer/Getty Images

  「政府は渡航者が1、2カ月後に帰国してコロナを持ち込んでほしくないと考えており、政策を強化している」と金融専門家のソフィア・ファン氏(上海在勤)は述べる。

  微博(ウェイボ)などのソーシャルメディアでは、当局がパスポート(旅券)の発行を停止したなどとの投稿が拡散。国家移民管理局は13日、そうした事実はないと微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じ説明。国民は不必要な出国・越境を最小限に抑えるべきだとあらためて呼び掛けた。

関連ニュース:

中国共産党指導部、「ゼロコロナ」に疑い挟むべきでないと警告

中国のゼロコロナ政策に内外から批判-成功の可能性低いとの見方も

 

Beijing Maintains Strict Measures After Recent COVID Outbreak
北京のビジネス街(5月12日)
Photographer: Kevin Frayer/Getty Images

原題:China Hints at Stronger Travel Curbs, Adding to Covid Zero Angst(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE