コンテンツにスキップする

鈴木財務相、急激でなければいいと一律に言うのは難しい-円安

鈴木俊一財務相は13日の衆院財務金融委員会で円安には好影響と悪影響の両面があるとして「急激でなければいいとか悪いとか一律に言うのは難しい」との見解を示した。

  • 輸出産業にはプラス、輸入には物価高につながる
  • 通貨当局と緊密に意思疎通、政府として適切に対応
  • 為替市場の動向、日本経済の影響を緊張感もって注視

日銀が永続的に国債買い入れる前提の財政運営「適切でない」-財務相

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE