コンテンツにスキップする

仮想通貨ルナ連動の上場投資商品が99%安、歴史的急落でほぼ無価値

RF markets stocks red
Photographer: solarseven/Getty Images

デジタル資産の混乱が上場投資商品(ETP)にも波及している。問題に見舞われた仮想通貨ルナに連動するETPの価格はほぼゼロとなり、ETPとして過去最大の急落となっている可能性がある。

  12日の取引で「21シェアーズ・テラETP」(ティッカー:LUNA SW)は99%安の0.002スイス・フランに下落。先週末の6日は22.29フランで引けていた。ルナが関連するステーブルコインのテラUSD(UST)がドルとのペッグ(連動)を失ったことで、ルナに売りが殺到した。上場投資証券(ETN)の「ヴァンエック・テラETN」(ティッカー:VLNA GR)も同じく急落した。

  取引が停止され最終的に上場廃止となるETPは多いため、全てのETPについて1営業日の下げを追跡するのは難しい。それでもブルームバーグ・インテリジェンスによると、LUNA SWの12日の下げはETPとして過去最悪とみられる。ここ数年では2018年のボラティリティー指数VIXの大きな変動で、ベロシティシェアーズ・デーリー・インバースVIX短期ETN(XIV)が1営業日で93%下落したことがあった。XIVは清算に追い込まれ、混乱は市場全体に広がった。

原題:

Terra ETP Plunges 99% as Crypto Chaos Triggers Historic Declines(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE