コンテンツにスキップする

マスク氏、マージンローンに代わるツイッター買収資金模索-関係者

更新日時
  • アドバイザーら、最大60億ドルの優先出資について投資家の関心探る
  • マージンローンは当初125億ドルだったが、62.5億ドルに圧縮された
Elon Musk.

Elon Musk.

Photographer: Maja Hitij/Getty Images

資産家イーロン・マスク氏は米ツイッターの買収資金を巡り、自らのテスラ持ち株を担保とする62億5000万ドル(約8000億円)規模のマージンローン(証券担保融資)が不要になるよう、十分な資金を調達するための協議に入っている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  モルガン・スタンレー率いる同氏のアドバイザーらは最大60億ドルの優先出資に関して、出資者候補の関心を探り始めた。関係者らは匿名を条件に話した。

  マスク氏は当初125億ドルのマージンローンを確保していたが、同ローンの規模は62億5000万ドルに圧縮されていた。同氏は先週、世界の大手投資家から新たに約71億ドルの資金を確保したと明らかにした。

マスク氏、ツイッター買収へ新たに71億ドル調達-投資家の支持広がる

  今回の優先出資の条件や規模は最終決定されておらず、変わる可能性もあるという。

  マスク氏の広報担当者にコメントを求めたが、返答は得られなかった。モルガン・スタンレーの広報担当者はコメントを控えた。

原題:

Musk Seeks to Scrap Tesla Margin Loan With New Twitter Funding(抜粋)

(第3段落以降を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE