コンテンツにスキップする

HSBCが筆頭株主の分割提案に抵抗、反証の内部分析を開始-関係者

  • 中国平安保険、HSBCのアジア事業分割を推進
  • ゴールドマンがHSBCに協力-数週内の報告書完成目指す
Pedestrians walk past the logo for HSBC outside a local branch bank in Hong Kong.

Pedestrians walk past the logo for HSBC outside a local branch bank in Hong Kong.

Photographer: ISAAC LAWRENCE/AFP via Getty Images

英銀HSBCホールディングスは、筆頭株主が提案したアジア事業分割に反論する取り組みの一部として、内部分析に着手した。

  非公表の情報だとして匿名を条件に語った関係者によると、HSBCはアジア事業を分割した場合の検証作業を進めている。分割は同行の筆頭株主である中国平安保険(集団)がリターン改善を見込めるとの理由で推進していると、ブルームバーグが4月に報じた。

HSBC分割なら価値創出、筆頭株主の中国平安保険が支持-関係者

  HSBC幹部らは分割案に反対で、内部分析の開始は平安保険に反論する取り組みの一部だという。平安保険は分割すれば香港を本部とするHSBCのアジア事業にのみ投資できるようになり、投資家に有利になると主張している。

  関係者によると、内部分析にはHSBCのコーポレート・アドバイザーの1社であるゴールドマン・サックス・グループのバンカーらも加わり、分割提案に対する防衛策への準備に協力している。

  作業は初期段階にあるが、数週間以内に報告書を完成させ、取締役に提出することが目標だと、関係者の1人は述べた。

  HSBCとゴールドマンの広報担当者はコメントを控えた。平安保険の担当者は今のところコメントの要請に応じていない。

原題:

HSBC Begins Internal Analysis to Help Rebut Push for Split (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE