コンテンツにスキップする

マスク着用緩和、現段階では「現実的でない」-岸田首相

岸田文雄首相は12日の参院厚生労働委員会で、「今の段階でマスクの着用を緩和するということは現実的ではない」と述べた。

  着用は基本的な感染対策として「極めて重要である」との認識を示した。一方、気温や湿度が高い時には熱中症のリスクが高まり、屋外で人との距離が十分ある場合には従来から「マスクを外すことを奨励している」とも話した。

  厚労省は屋外で2メートル以上の距離がある場合は、マスクを外すよう呼びかけている。共同通信によると、東京都医師会の尾崎治夫会長は、屋外は感染リスクが低いと考えられるため、マスク着用を「見直してもいいのでは」と話していた。

関連記事
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE