コンテンツにスキップする

仮想通貨ビリオネア、巨万の富が数週間で急減-交換業者創業者で顕著

  • コインベース創業者アームストロング氏の資産、84%減少し22億ドル
  • ギャラクシーのノボグラーツ氏やバイナンスの趙氏も資産急減

暗号資産(仮想通貨)に関心の高い人々がフロリダ州マイアミでパーティーを先月開いて以来、大変な数週間となっている。

  米最大の仮想通貨交換業者であるコインベース・グローバルの創業者ブライアン・アームストロング氏は、昨年11月までは137億ドル(約1兆7800億円)に上る個人資産があったが、今年3月末時点で約80億ドルに減少。ビットコインやイーサなどのデジタル通貨の急落で、コインベースの株式時価総額の急激な減少を招いたことが響き、今では22億ドルに落ち込んだことがブルームバーグ・ビリオネア指数に示されている。

Coinbase CEO Brian Armstrong at the Company's Event In India
コインベースのブライアン・アームストロング氏
Photographer: Samyukta Lakshmi/Bloomberg

  コインベースの株価は2021年4月の上場日以来84%の大幅下落を演じ、11日終値は53.72ドル。同社は前日、4-6月期について取引高と月間取引利用者数が前期を下回るとの見通しを示した。

コインベース株が急落、4-6月取引高が前期下回ると警告

  仮想通貨急落をコインベースが乗り越えられるのか疑念が高まったことから、アームストロング氏は「ブラックスワン」事象が発生しても同社に「破綻のリスクはない」とツイートせざるを得ない状況に置かれた。

コインベースCEO「破綻のリスクない」-ブラックスワンには備え

  暗号資産投資会社ギャラクシー・デジタルを率いる資産家マイケル・ノボグラーツ氏も、個人資産が昨年11月初旬の85億ドルから25億ドルに減少した。ノボグラーツ氏が擁護者の1人となっているステーブルコインのテラUSD(UST)は、価値をドルとペッグ(固定)させるために利用される仮想通貨ルナの急落で完全に崩れるリスクが生じている。

  過去2年間で急増したビリオネアの仮想通貨資産が消失しつつあるのは、テクノロジー株から始まった売り浴びせがデジタル通貨に波及したことが背景。仮想通貨で最も人気の高いビットコインとイーサはいずれも、昨年終盤に付けた最高値から50%を超える値下がりだ。

  仮想通貨保有者のほとんどが資産の減少に見舞われているが、規模が大きく目立った損失は仮想通貨交換業者の創業者に集中している。

Key Speakers at Paris Blockchain Week Summit
趙長鵬CEO
Photographer: Benjamin Girette/Bloomberg

  株式非公開のバイナンス・ホールディングスの趙長鵬最高経営責任者(CEO)は、少なくとも評価上はアームストロング氏やノボグラーツ氏をさらに上回る損失に見舞われている。960億ドルの資産で1月に初めてブルームバーグ・ビリオネア指数のランキングに入った趙氏だが、コインベースとカナダのボイジャー・デジタルのEV(企業価値)/売上高倍率の平均を基準に計算すると、今月11日までに資産は116億ドルに縮小した。

  米国の仮想通貨交換業者は、世界の同業他社よりも苦戦を強いられているようだ。コインベースの取引高は年初から減少が続いている一方、国際業務の比重が大きいバイナンスの先月の取引高は増加した。対照的にバイナンスの米国事業は、コインベースよりも急激な落ち込みに見舞われた。

Crypto Comparisons

US exchanges Coinbase and Binance.US suffered bigger volume declines this year than the main Binance exchange

Source: Coingecko.com

Figures are average of daily spot and derivative trading volumes

原題:Crypto Billionaires’ Vast Fortunes Are Destroyed in Weeks (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE