コンテンツにスキップする

ソフトバンクVF出資の米ゲットアラウンド、SPAC上場で合意

  • 償還なければ合併後の株式価値は約12億ドルに
  • ゲットアラウンドのザイドCEOが新会社を率いる

個人間カーシェアリング仲介を手掛ける米ゲットアラウンドは特別買収目的会社(SPAC)、インタープライベートⅡアクイジションと合併を通じた上場で合意した。ゲットアラウンドにはソフトバンクグループのビジョン・ファンドなどが出資している。

  ゲットアラウンドは11日の発表資料で、合併後の新会社の株式価値は償還がない場合は約12億ドル(約1560億円)になると説明し、ブルームバーグの先の報道を確認した。

  ゲットアラウンドの創業者兼最高経営責任者(CEO)のサム・ザイド氏が率いる新会社はニューヨーク証券取引所(NYSE)にティッカー「GETR」で上場する。

Getaround Inc. Founder And CEO Sam Zaid Interview
サム・ザイド氏
Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg

原題:

Car-Sharing Startup Getaround Agrees to $1.2 Billion SPAC Merger(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE