コンテンツにスキップする

中国債、4月は21億ドルの流出に見舞われたもよう-IIFが推計

  • 1-3月は記録上で最大の流出、戦争初期にロシアが準備資産処分か
  • 最近の流出は人民元建て債が大半、中国株には4月に10億ドル流入

中国債市場から先月も資本が流出したもようだと国際金融協会(IIF)は推計している。1ー3月(第1四半期)は記録上で最大の流出だったという。

  IIFのエコノミスト、ジョナサン・フォーチュン氏は10日のリポートで、中国債は4月に21億ドル(約2700億円)の流出に見舞われたとのIIFの試算を発表。中国株は10億ドルの流入だったとの見方を示した。

中国の純資本流出39兆円に倍増へ、都市封鎖で成長圧迫-国際金融協会

  ウクライナでの戦争初期に見られた中国債売りの一部は、ロシアが準備資産を処分したとの説明がつく可能性があるが、全体像は完全には分からないとしている。最近の流出は人民元建て中国債が大半だとも指摘した。

原題:China’s Debt Outflow May Have Continued Last Month: IIF(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE