コンテンツにスキップする

暗号資産交換業者、顧客に不利な取引手掛ける-米SEC委員長

  • 交換業者のサービス「混合」、顧客の最善の利益にならない可能性
  • ステーブルコイン、マネーロンダリンク対策にとってリスク

米証券取引委員会(SEC)のゲンスラー委員長は、デジタル資産交換業者の一部は規制を逃れ、顧客の利益に反する取引に従事している可能性もあるとして、業界に対する批判を強めている。

  ゲンスラー委員長は10日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、大半のデジタル資産がSECの管轄下にあり、取引プラットフォームはSECに登録すべきだと指摘した。またSECが法執行の取り組みも強化していると説明した。

  さらに、交換業者がカストディーや値付け、取引の場の提供といった異なる業務の間に適切な壁を設けていないとの懸念を示し、サービス「混合」は顧客の最善の利益にならない可能性があると述べた。「実際、プラットフォームは顧客に不利な値付けによって顧客に不利な取引をしていることもしばしばある」と指摘した。

SEC Chairman Gensler Readies More Crypto Oversight To Protect Investors
ゲンスラー委員長(2021年7月)
Photographer: Melissa Lyttle/Bloomberg

 

  ゲンスラー委員長はドルなどに通常連動するステーブルコインに関する問題も提起した。三大ステーブルコインの「テザー」や「USDコイン」、「バイナンスUSD」はいずれも交換業者と密接な関係があると述べた。

  「それは偶然ではないと思う」とし、「三大ステーブルコインはどれも取引プラットフォームが創設した。自社プラットフォームでの取引促進が目的だが、マネーロンダリング(資金洗浄)対策や顧客確認(KYC)を避ける狙いもあった可能性がある」との見方を示した。

  バイナンスはゲンスラー委員長の発言を受け、バイナンスUSDは「厳格なガイドラインを順守しユーザー・コミュニティーとの透明性を維持している」としたブログに言及した。USDコインを発行する企業連合の一角であるコインベース・グローバルはコメントを控えた。テザーと人的つながりがあるビットフィネックスにコメントを求めたが、今のところ返答はない。

原題:

SEC’s Gensler Says Crypto Exchanges Trading Against Clients (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE