コンテンツにスキップする

マスク氏のツイッター買収、実現に懐疑的見方強まる-スプレッド示唆

  • 買収提示額とツイッター株価の格差が6.94ドルと最大に
  • マスク氏「ツイッター所有しなければどうなるだろうか」とコメント

イーロン・マスク氏による米ツイッター買収の実現可能性について、トレーダーがこれまでで最も懐疑的になっている。1株当たりの買収提示額と対象企業の株価の格差(スプレッド)拡大が示した。

  この買収合併裁定スプレッド拡大は、ウォール街が見込む取引完了確率の低下を示す。ツイッターの同スプレッドは10日に6.94ドルと、マスク氏が買収に乗り出してから最も広がり、同氏が新たに約71億ドル(約9250億円)の資金を確保したと発表した先週からは2倍近く拡大した。

  マスク氏の買収提示額は1株当たり54.20ドル。10日のツイッターの株価終値は47.26ドルだった。同日の取引終了後、プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社アポロ・グローバル・マネジメントが買収支援の資金調達で中心的役割を果たすことを目指し、交渉を進めているとブルームバーグは報じた。

アポロが10億ドルの資金調達主導で交渉、ツイッター買収支援-関係者

Gap between Twitter's price and Musk's offer widens amid trader jitters
 
 

  マスク氏は10日のフィナンシャル・タイムズ(FT)主催イベントでトランプ前米大統領のツイッターアカウント永久停止を解除する意向を示した上で、「私はまだツイッターを所有していない。従ってこれは絶対に起きることではない。もし私がツイッターを所有しなければどうなるだろうか」とコメント。買収実現にこぎ着けられない可能性も幾分示唆するような発言で、投資家は困惑した。

マスク氏、トランプ氏のツイッター復帰示唆-永久停止「非常に愚か」

  ブルームバーグ集計データによると、ツイッターの買収合併裁定スプレッドは米国で現在進行中の案件の中で最大。同社を非上場化するマスク氏の計画が実現した場合のグロスリターンは現時点で14.7%と、ニールセン非上場化計画での8.36%を大きく上回る。

原題:

Musk-Twitter Deal Spread Hits Widest as Traders Doubt Takeover(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE