コンテンツにスキップする

ウォーホル「マリリン」が250億円で落札、米アーティストで最高額

  • ダビンチの4.5億ドルに次いで史上2番目の価格
  • トーマス・アンド・ドリス・アマン財団がオークションに出品

ポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルが58年前に制作したハリウッド女優マリリン・モンローの肖像画のシルクスクリーン作品が9日のクリスティーズでのオークションで1億9500万ドル(約250億円)と、米国人アーティストの作品としては史上最高価格が付いた。

  20世紀の美術品としても過去最高であり、全ての時代を通してもレオナルド・ダビンチ作品の4億5000万ドルに次ぐ額となった。オークションは1億7000万ドルで終了し、クリスティーズの手数料を含めた落札代金は1億9500万ドルとなった。

  「ショット・セージブルー・マリリン」と題された同作品はチューリッヒのトーマス・アンド・ドリス・アマン財団がオークションに出品。収益は全て同財団に属する。財団は医療・教育プログラムに注力している。

Christie's Announces Auction Of Andy Warhol's Legendary Shot Sage Blue Marilyn
「ショット・セージブルー・マリリン」のオークション計画発表の場で写真を撮るゲスト(2022年3月)
Photographer: Dia Dipasupil/Getty Images North America

原題:

Warhol Marilyn Sells for $195 Million, Most Ever for U.S. Artist(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE