コンテンツにスキップする

現金、独り勝ちの様相-株も債券も敬遠し「資本の保全」に集中か

更新日時
  • われわれは現金を両手で抱えている-ブラックロックのリーダー氏
  • TBに連動するETFへの資金流入は20年以降で最も大きくなった

今の相場急落局面で、投資家は現金を除くほぼ全ての資産を敬遠しているようだ。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は今月に入り、株価と債券相場の下落にもかかわらず0.6%上昇し、他の全ての資産に対し独り勝ちの様相を呈した。米財務省短期証券(TB)に連動する上場投資信託(ETF)には5週連続で資金が流れ込み、2020年以降で流入額が最も大きくなった。

  それら全ては、投資家が「資本の保全」という一点に現時点で集中している様子をうかがわせる。経済成長減速とインフレの持続、中国のゼロコロナ政策の下でのロックダウン(都市封鎖)強化といった要因が重なり、有害な投資環境が形成された。インフレ高進の下で選好される商品でさえ、9日は世界的な売りに屈した。

  リチャード・バーンスタイン・アドバイザーズの副最高投資責任者(CIO)、ダン・スズキ氏は「この種の市場のボラティリティーを経験する場合、現金という安全な場所に投資家は押し寄せる。今は間違いなくそのような力学が働く状況だ」と指摘した。

  「債券と現金の組み合わせに株式から乗り換えるのでなく、株式と債券の両方を売って現金化する動きとなっており、その結果として現金への需要が急増している」とスズキ氏は分析した。

No Escape

With so many assets underwater, investor grab cash to limit losses

Source: Bloomberg

Note: Dollar denotes Bloomberg Dollar Spot Index, other currencies measured against dollar

  ブラックロック・ファイナンシャル・マネジメントのグローバル債券CIO、リック・リーダー氏も先週、「われわれは現金を両手で抱えている」と説明。同社は質の高いトレードの比重を増やしており、投資適格クレジットおよび最高格付けの資産担保証券(ABS)を選好し、ジャンク(投機的格付け)債を減らしているという。

  ヘッジファンド運営会社チューダー・インベストメントの創業者で、CIOを務めるポール・チューダー・ジョーンズ氏も今月のCNBCの番組で、「金融資産にとってわれわれが現時点で置かれている状況より悪い環境を思い出せないはずだ。誰も債券と株式を保有したくはない」と発言した。

  ブルームバーグの集計によれば、「SPDRブルームバーグ1-3カ月短期国債ETF」(ティッカー:BIL、資産額170億ドル=約2兆2000億円)には4月以降33億ドルの資金が流入した。「iシェアーズ米国短期国債ETF」(ティッカー:SHV、同180億ドル)の過去7週間の資金流入額も22億ドルに達した。

Treasury bills enjoy biggest five-week inflow in pandemic era
 
 

 

原題:

Cash Is the Only Winner in a Market Gripped by Stagflation Fear(抜粋)

(短期国債ETFへの資金流入状況などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE