コンテンツにスキップする

EUが共同債の発行検討、ウクライナの長期復興財源確保で-当局者

  • EU予算からのウクライナ向け融資と加盟国による保証検討と当局者
  • ウクライナの今後3カ月の資金ニーズに対応し90億ドル拠出する用意

欧州連合(EU)は最終的に数千億ユーロに上る可能性のあるウクライナの長期復興財源を確保するため、共同債の発行を検討している。計画に詳しいEU当局者1人が明らかにした。

  非公開情報を理由に同当局者が匿名を条件に語ったところでは、EUの行政執行機関である欧州委員会は、今後3カ月で最大150億ドル(約2兆円)と想定されるウクライナでの給与と手当を賄う緊急資金の提供に向け、EU予算からの融資と加盟国による保証の活用も検討している。

  またEU当局者によると、協議は継続中だが、ウクライナの今後3カ月の資金ニーズに対応するため、EUとして90億ドルを拠出する用意があり、米国も最大50億ドルを供与する可能性がある。

原題:

EU Weighs Joint Debt to Fund Ukraine’s Long-Term Reconstruction(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE