コンテンツにスキップする

スリランカ、政権支持派とデモ隊が衝突-外出禁止令で中銀会見中止

スリランカでラジャパクサ政権の支持派とデモ隊が衝突している。インフレが加速する中で抗議参加者は大統領と首相の辞任要求を続けており、経済危機が政治危機に転じつつある。

  現地のテレビ局は9日、コロンボにある首相官邸の外でデモ隊が設置したテントに複数のグループが火を放つ様子を放送。コロンボを含め全国を対象に外出禁止令が出され、スリランカ中央銀行が午後に予定していた記者会見は中止になった。

  マヒンダ・ラジャパクサ首相は同日、スリランカにとって必要な「いかなる犠牲」でも払う用意があると支持者らに述べたが、具体的な次の対応策には触れなかった。同首相はゴタバヤ・ラジャパクサ大統領の実兄。   

スリランカが再び非常事態宣言、インフレ巡る抗議デモがエスカレート

原題:Sri Lanka PM Vows ‘Any Sacrifice’ as Backers, Protesters ClashSri Lanka Imposes Curfew as Government Backers, Protesters Clash (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE