コンテンツにスキップする

【ウクライナ】プーチン氏が侵攻正当化-ロシアは深刻な景気後退予測

更新日時
  • 欧州委員長がハンガリー首相と会談へ、石油制裁案で打開目指す
  • 仏大統領、ロシアの自尊心傷付けるリスクを警告

ロシア産石油の輸入禁止を含む制裁案で行き詰まりを打開するため、欧州連合(EU)幹部がハンガリー入りした。この制裁案はハンガリーのオルバン首相が強硬に反対し、合意を阻んでいる。

  ロシアのプーチン大統領は9日、モスクワの「赤の広場」で第2次世界大戦の対ナチス・ドイツ戦勝を記念する式典で演説し、ウクライナにロシア軍を進めたのは第2次大戦のような世界的な衝突の再発を防ぐためだと述べ、10週間に及ぶ侵攻を正当化した。

ウクライナやNATOとの衝突、不可避だった-プーチン氏が演説 (2)

  一方、ウクライナのゼレンスキー大統領はプーチン氏の主張を強く非難。フランスのマクロン大統領は第1次大戦後のドイツを引き合いに出し、ロシアの自尊心を傷付けることがないよう警告した。

  ロシア政府内部では、同国経済がほぼ30年ぶりの深刻な縮小に直面していると予測されている。

モスクワ「赤の広場」で演説するプーチン大統領(9日)
Source: Bloomberg
コラムとQuickTake

  ウクライナ情勢を巡る最近の主な動きは以下の通り。

戦争の転機、「非常に近い」-ウクライナ大統領側近  

  ロシアの軍事行動を止めるため今後数週間が「極めて重要」で、戦争の転機は「非常に近い」と、ウクライナのジョフクワ大統領府副長官がブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。

  ジョフクワ氏は「ブチャやボロディヤンカ、ホストメルで世界が目の当たりにしたような残虐行為」を犯す国との交渉は難しいとしつつ、ロシアのプーチン大統領との直接会談だけが戦争解決の方法であるとのゼレンスキー大統領の立場をあらためて強調。「何度も言っているが、ウクライナ大統領はこの交渉に臨む用意がある。だが、プーチン大統領の側の用意は目にしていない」と述べた。

欧州委員長、ロシア石油制裁でハンガリー首相と会談へ

  欧州委員会のフォンデアライエン委員長は9日午後にハンガリーに向かい、同国のオルバン首相と欧州連合(EU)のロシア産石油禁輸案について議論すると、同委員長の報道官が明らかにした。ロシア産石油の段階的な輸入禁止についてEUはハンガリーとスロバキアに2024年末までの猶予を提案しているが、オルバン首相はこの移行にはさらなる時間と投資が必要だと主張している。

フィンランドのNATO加盟支持、76%に急増

  フィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟支持が過去最高の76%に上ったことが、同国の公共放送YLEが実施した最新の世論調査で明らかになった。3月は62%、2月は53%で、月を追うごとに上昇している。

仏大統領、ロシアの自尊心を傷付けないよう警告

  マクロン仏大統領はロシアのウクライナ侵攻を厳しく非難する演説を行った後で、第1次世界大戦後にドイツに多大な賠償を負わせたベルサイユ体制を引き合いに出し、ロシアの自尊心を傷付けるリスクについて警告した。

  マクロン氏はストラスブールの欧州議会で演説した後に記者団に対し、「ウクライナ、ロシアの両者とテーブルを囲み、平和を構築する必要がある」と発言。「交渉条件はウクライナ、ロシアによって決定されるが、お互いに滅ぼし合っている間は実現しない。辱めるやり方もうまく行かない」と語った。

ロシア経済、1994年以来の大幅マイナス成長に

   ロシアはほぼ30年ぶりの深刻な経済縮小に直面している。ウクライナ侵攻に対する米国など西側諸国による制裁に圧迫され、今年の国内総生産(GDP)は最大12%のマイナス成長となる可能性が高いとの見方が、ロシア財務省の内部予測で示されている。

ロシア経済、1994年以来の大幅マイナス成長に-財務省内部予測が示す

ウクライナ、EU加盟手続きを前進

  ウクライナ政府はEU加盟に必要な質問状への回答を提出し、初期的な手続きを前進させた。フォンデアライエン欧州委員長は、ゼレンスキー大統領が5000ページを超える文書を送付してきたと明らかにした。

在ポーランドのロシア大使に赤い塗料、デモ参加者が投げつけ

  在ポーランドのロシア大使が、ワルシャワでデモ参加者から赤い塗料を投げつけられた。大使は代表を率いて第2次大戦でナチス・ドイツに勝利したソ連赤軍の記念碑に献花しようとしたが、ウクライナやポーランドの国旗、ウクライナでのロシアの戦争犯罪を非難するメッセージを掲げたデモ参加者らと衝突した。

  ロシアはこの事件を非難。ロシア財務省のザハロワ報道官は「脅しには屈しない」とソーシャルメディアのテレグラムに投稿した。

ロシア、石油の新たな買い手を確保か

  ロシアは石油の新たな買い手を見つけたため、今月の生産増加を見込んでいる。ロシアは世界の石油生産のおよそ10%を占めるが、ウクライナ侵攻以来、生産は9%余り落ち込んでいた。国営タス通信が報じたところによると、ノバク副首相は「5月初めの指標を見ると、4月よりも改善している。指標は5月に一部回復し、今後よくなると見込んでいる」と語った。

EU、ロシア産石油制裁案で一部取り下げ

  新たな対ロシア制裁を巡り週末に議論を続けた欧州連合(EU)は、同国産石油の輸出制限案の一部を見送る見通しだ。ただ、重要な部分は維持することを目指している。 

  ブルームバーグが確認した文書や、事情に詳しい関係者によると、EUは域内に籍を置く船舶がロシア産石油を第三国に輸送することを禁止する提案を取り下げる。だが、ロシア産石油を輸送する船舶への保険提供禁止は引き続き協議されており、決定されればロシアの石油輸出に大きな障害となる。

EU、域内船舶のロシア産石油輸送を禁止する案を取り下げ-関係者

中国、ロシアからの輸入が4月に急増

  中国のロシアからの輸入が4月に急増し、記録上で最大となった。世界的なエネルギー価格高騰が影響したもようだ。一方で、中国の対ロシア輸出は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)初期以来の低水準に落ち込んだ。

中国、ロシアからの輸入が4月に急増-対ロ輸出は減少

ロシア軍参謀総長、軍事パレードで姿見られず

  モスクワの「赤の広場」で9日行われた軍事パレードで、ゲラシモフ軍参謀総長の姿が国営テレビの映像で見られなかった。昨年のパレードでは他の高官らとともに貴賓席にいる姿が映っていた。

ウクライナやNATOとの衝突、不可避だった-プーチン氏が演説

     ロシアのプーチン大統領は対ナチス・ドイツ戦勝記念式典での演説で、ウクライナおよび北大西洋条約機構(NATO)との衝突は不可避だったと説明。ウクライナの親ロシア地域に対する攻撃やクリミア半島に侵入しようとする動きがあったため、対応せざるを得なかったとのこれまでの主張を繰り返した。

  プーチン氏はこの機会を利用し、「特別軍事作戦」と呼んできたウクライナ侵攻を戦争だと正式に宣言することで大量動員につなげるのではないかという見方が浮上していたが、この日の演説でそうした言及はなかった。

NY原油、一時110ドル台-G7ロシア産原油禁輸の表明後は浮動 

  ニューヨーク原油先物相場は、アジア時間9日の時間外取引で一時1バレル=110ドル台に続伸した後、行きつ戻りつの展開。主要7カ国(G7)首脳が8日開いたオンライン協議後にロシア産原油禁輸の方針を表明し、アジア時間早朝に相場が高値を付けた。

NY原油、一時110ドル台-G7ロシア産原油禁輸の表明後は浮動 

ジル・バイデン氏、スロバキア大統領と会談へ

  ジル・バイデン米大統領夫人は9日にスロバキアのチャプトバ大統領と会談した後にワシントンに戻る。ジル夫人のオフィスが発表した。

  ジル夫人は8日、スロバキアからウクライナ西部を予告なしに訪問し、ゼレンスキー大統領のオレナ夫人と面会。米当局者によると、2月24日のロシアによる侵攻開始以来、オレナ夫人は公に姿を見せていなかった。

  ジル夫人は「母の日に来たかった。ウクライナの人々に対し、この悲惨な戦争を終わらせなければならないと伝え、米国民はウクライナの人々と共にあると示すことが重要だと考えた」と話した。オレナ夫人はウクライナ語でジル夫人の勇気をたたえた。

UKRAINE-RUSSIA-CONFLICT-US-DIPLOMACY
ジル・バイデン夫人(左)とゼレンスキー大統領のオレナ夫人(5月8日)
Photographer: Susan Walsh/AFP/Getty Images

米、ロシアでの会計サービス提供を禁止

  米政府はロシアに対する追加制裁パッケージの一環として、米国の会計監査法人やコンサルティング会社によるロシアへのサービス提供を禁止した。ガスプロムバンクに対する初の制裁も発動した。

  最新の措置には資本財の輸入規制や追加のビザ発給制限なども含まれると、米当局者は記者団に話した。

ロシア産石油禁輸時期は今後検討ー岸田首相

  岸田文雄首相は9日、主要7カ国(G7)合意を踏まえたロシア産石油輸入の削減・停止時期について「今後、実態を踏まえ検討する」と述べた。日本が有するサハリン1、2の権益は維持する。官邸で記者団に語った。

ロシア産石油禁輸時期は今後検討、サハリン1・2権益維持ー首相 

英、対ロ制裁第3弾を発表

  英政府はロシアおよびベラルーシに対する第3弾の貿易制裁を発表。40億ポンド(約6400億円)余り相当の製品が全面的あるいは部分的な禁輸対象となる。

  英政府の声明によると、新たな輸入関税はプラチナやパラジウムを含む14億ポンド相当の品目をカバー。ロシアはこれら金属の主要産出国で、買い手として英国に大きく依存している。

ゼレンスキー大統領、G7に武器供与の継続求める

  ゼレンスキー大統領は、ウクライナへの武器供与で主要7カ国(G7)に謝意を表明した上で、ウクライナがロシアを打ち負かすことができるよう武器の供給を継続するよう求めた。8日のG7首脳へのコメントを大統領府が明らかにした。

  大統領はG7に対し、例えば多連装ロケット砲を供与してもらえていれば、より多くの人命を救えただろうと語ったという。

カナダ首相がキーウ訪問、追加軍事支援を表明

  カナダのトルドー首相はウクライナの首都キーウを訪問し、5000万ドルの追加軍事支援を提供すると表明した。首相府が明らかにした。ドローンカメラや衛星画像、小型兵器・弾薬などが含まれる。

 

原題:Ukraine Latest: EU Moves to Break Deadlock as Putin Talks WWII(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE