コンテンツにスキップする

トヨタグループ、インドでEV部品生産へ-約815億円投じる

The Toyota Motor Corp. logo is displayed on a vehicle sitting at the Toyota Kirloskar Motor Ltd. plant

The Toyota Motor Corp. logo is displayed on a vehicle sitting at the Toyota Kirloskar Motor Ltd. plant

Photographer: Dhiraj Singh/Bloomberg

トヨタグループはインドで480億ルピー(約815億円)を投資し、電気自動車(EV)部品を生産する計画だ。

  7日の発表資料によれば、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)とトヨタ・キルロスカ・オートパーツ(TKAP)は410億ルピーを投じる覚書をカルナタカ州と結んだ。残りはトヨタ・インダストリーズ・エンジン・インディアが拠出する。

  トヨタ自動車は2050年までに温室効果ガス排出の実質ゼロ(カーボンニュートラル)を実現させる方針。

原題:Toyota Plans to Invest $624 Million to Make EV Parts in India(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE