コンテンツにスキップする

英領北アイルランド議会選、シン・フェイン党が初の第1党

A Sinn Fein election campaign banner attached to railings in Belfast, Northern Ireland, U.K.

A Sinn Fein election campaign banner attached to railings in Belfast, Northern Ireland, U.K.

Photographer: Paulo Nunes dos Santos/Bloomberg

英領北アイルランドで5日行われた議会選挙で、隣国アイルランドとの統一を掲げるシン・フェイン党が初めて第1党となった。同党はかつての紛争でテロ活動を繰り返した過激派、アイルランド共和軍(IRA)の政治組織が前身で、域内の政治バランスが大きく変わることになる。

  シン・フェイン党のオニール副党首は「非常に大きな変化の動き」だと表明。同党の勝利はジョンソン首相率いる保守党政権にとって痛手となる。

英統一地方選、与党・保守党がロンドンの有力地盤で敗北-首相に痛手

  BBC放送によれば、ベルファスト時間7日午後7時11分(日本時間8日午前3時11分)時点で、定数90議席のうち88議席が確定。シン・フェイン党は27議席を獲得した。民主統一党(DUP)は24議席、北アイルランド同盟党は17議席。

原題:Sinn Fein Is Northern Ireland’s Biggest Party for the First Time (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE