コンテンツにスキップする

【欧州市況】株2カ月ぶり安値、リスクを敬遠-ユーロ圏国債下落

6日の欧州株は続落、約2カ月ぶりの安値に沈んだ。暗い景気見通しに対する懸念や物価上昇、債券利回りの上昇で不安定な地合いとなった。

  ストックス欧州600指数は1.9%安。不動産やメディア株が特に売られた。欧州連合(EU)がロシア産原油の禁輸を検討しており、市場が逼迫(ひっぱく)しつつある兆候が示されたことから、原油相場は3月上旬以来となる2週連続の上げとなる公算が大きい。これを手掛かりにエネルギー株は値上がりした。

  インベスコのストラテジスト、アーナブ・ダス氏は「難しい局面にいる。政策当局者や企業、家計にとって一段と厳しい時期だ」と述べ、ソフトランディングへの軌道がどのようなものになるかについて、市場は頭を抱えていると続けた。

Recovery in European stocks fades as economic and inflation risks surge
 
 

  欧州債市場ではユーロ圏国債が下落。この日は世界的に債券が売られた。イタリア債とドイツ債のスプレッドは13日連続で拡大、約2年ぶりに200ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を突破した。

イタリア10年国債リスクプレミアム、200bp突破-2年ぶりの大きさ

  ドイツ10年債利回りは一時11bp上昇して1.16%。イタリア10年債利回りは一時12bp上げて3.16%となった。

  英国債の利回り曲線はスティープ化。償還期限の短い国債の相場が上昇した。

5月6日の欧州マーケット概観(表はロンドン午後6時現在)

債券直近利回り前営業日比
独国債2年物0.32%+0.04
独国債10年物1.13%+0.09
英国債10年物2.00%+0.03

原題:Bunds Fall Amid Sell Off, Gilt Curve Steepens; End-of-Day Curves

European Stocks Slump to Two-Month Low as Risk-Off Mood Spreads

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE