コンテンツにスキップする

日本政府、1ドル=140円なら13兆円投じ円安進行阻止も-BofA

円が1ドル=140円まで下落すれば日本政府は一段の円安に歯止めをかけようと1000億ドル(約13兆円)を投じる可能性があると米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)はみている。

  BofA証券の山田修輔主席FX・金利ストラテジストらは2日公表のリポートで、1998年に140円台となった円だが、米国債の利回りがあらためて大きく上昇すれば、この水準まで円安が進み得ると想定している。

Yen intervention possible if currency weakens beyond 140, BofA says
 
 

  円安は日本政府による為替介入が市場の焦点となっているポイントに達していると説明。日本銀行が円安によるプラスの経済効果を強調しているにもかかわらず、家計や中小企業など円安で打撃を受ける公算の大きいセクターは円安の恩恵にあずかるセクターよりもはるかに多いとも指摘した。ただ、円の下落ペースが鈍れば介入の可能性が低下し、BofAは2日時点で135円を超えるドル高・円安は見込んでいないとしている。

原題:Japan May Spend $100 Billion to Slow Yen’s Slide, BofA Says (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE