コンテンツにスキップする

ビットコイン、約1カ月ぶりの大幅安-FOMC後の楽観後退で

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは5日の取引で約1カ月ぶりの大幅安。4日終了した米連邦公開市場委員会(FOMC)会合後に金融市場全体に広がった楽観が後退した。

FOMC後の買い安心感、短命に終わる可能性も-市場関係者の見方

  ビットコインは一時8%安の3万6639ドルに下落。日中の下落率としては4月11日以来の大きさとなった。前日は5.3%上昇していた。

  ジェネシス・グローバル・トレーディングのデリバティブ責任者、ジョシュ・リム氏は「市場は金融引き締めがリスク資産全体に与える影響をなお消化する必要があり、仮想通貨は相関関係から打撃を受けるかもしれない」と述べた。

Bitcoin Slumps
 
 

原題:Bitcoin Drops the Most in Almost a Month as Fed Optimism Fades(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE