コンテンツにスキップする

JPモルガン、米国株は遠からず反発と予測-投資家の不安行き過ぎ

  • 米個人投資家協会の調査結果は09年3月以降で最も弱気の評価を示す
  • 米景気の拡大は「減速しているが腰折れしていない」とJPモルガン
Stock market information on the floor of the New York Stock Exchange.

Stock market information on the floor of the New York Stock Exchange.

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米株式市場で弱気の心理が圧倒的に優勢となっており、米銀JPモルガン・チェースのストラテジストらによれば、相場反発は遠い先でないかもしれない。

  マルコ・コラノビッチ氏らアナリストは顧客向けリポートで、米個人投資家協会(AAII)の調査で示された2009年3月初め以降で最も弱気の評価に言及し、「投資家のセンチメントは極端に弱くなっている。軽度の投資家のポジショニングや懸念されたより良好な1-3月(第1四半期)の企業利益も手伝い、相場回復を可能にするはずだ」と分析した。

  リスクが蓄積されており、株価をさらに下落させかねないというウォール街の別の市場関係者の見方とは対照的だ。モルガン・スタンレーのマイケル・ウィルソン氏は、S&P500種株価指数が短期的に少なくとも3800に下落し、2日終値を16%余り下回る3460もあり得ると警告した。

  これに対しJPモルガンのチームは、投資家の不安は行き過ぎと反論。世界経済の成長は年後半に回復が見込まれ、米景気拡大は「減速しているが腰折れしていない」との認識を示した。

Bearish sentiment surged to its highest level since 2009 in AAII's latest survey
 
 

原題:JPMorgan’s Kolanovic Sees Rebound as Bearish ‘Fears Overblown’(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE