コンテンツにスキップする

マスク氏がPE会社と協議、ツイッター買収資金一部調達で-ロイター

イーロン・マスク氏

イーロン・マスク氏

Photographer: Al Drago/Bloomberg

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、ツイッター買収に必要な440億ドル(約5兆7300億円)の一部調達に向け、プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社やヘッジファンド、富裕層の個人らと交渉している。事情に詳しい複数の関係者からの情報を引用し、ロイター通信が伝えた。

  マスク氏はツイッター買収に向け、自らのテスラ持ち株を担保にマージンローン(証券担保融資)125億ドルを確保したが、新たな投資家の関心によっては、マージンローンの圧縮を目指す可能性もあるという。

  ロイターによれば、話し合いを行っているPE投資会社には、アポロ・グローバル・マネジメントアレス・マネジメントが含まれる。マスク氏は、ツイッターのジャック・ドーシー前CEOら同社の一部大株主との間で、保有株を売却せずに買収スキームに参加する可能性についても協議しているという。

原題:

Musk in New Financing Talks for Twitter Deal, Reuters Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE