コンテンツにスキップする

【欧州市況】株反落、米中の低調な経済指標など重し-イタリア債軟調

2日の欧州株は反落。中国と米国の経済指標が期待外れの数字となったことに加え、ロシア産原油を対象とする制裁発動の見通しがリスク意欲を大きく圧迫した。

  ストックス欧州600指数は1.5%安。一時は北欧株を中心に、3%急落する場面もあった。英市場がバンクホリデーの祝日で休場となり、商いは薄かった。

  スウェーデンのOMXストックホルム30指数は一時8%急落。トレーダーやファンドマネジャーはポートフォリオ取引でのエラーの可能性を指摘している。

5分間の「フラッシュクラッシュ」北欧で株取引エラーか-他市場に波及

  業種別では自動車やテクノロジーが下落。4月のユーロ圏景況感は1年ぶりの低水準となったほか、4月の米ISM製造業総合景況指数は予想外に低下し、2020年以来の低水準となった。4月の中国の購買担当者指数(PMI)は製造業、非製造業のいずれも20年2月以来の低水準を記録した。

米ISM製造業総合景況指数が予想外に低下、2020年以来の低水準 

中国の「ゼロコロナ」、引き続き市場の焦点-都市封鎖で供給網動揺

European stocks briefly tanked by 3% on Monday, on a Nordic-led slump
 
 

  欧州債市場ではイタリア債が下落し、他のユーロ圏国債をアンダーパフォームした。イタリア10年債と同年物のドイツ国債の利回り差はさらに拡大した。同利回り差は既に2020年6月以来の大きさに広がっている。英国債市場は休場。

  ドイツ10年債は一時の上げを消し、下げに転じた。イタリア10年債利回りは一時9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.86%と、2年ぶり高水準を更新した。

5月2日の欧州マーケット概観(表はロンドン午後6時現在)

債券直近利回り前営業日比
独国債2年物0.24%-0.02
独国債10年物0.97%+0.03
英国債10年物1.91%+0.03

原題:

European Stocks Drop as May Starts With Gloom and a Flash Crash(抜粋)

Italian Bonds Decline; German Curve Steepens: End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE