コンテンツにスキップする

三井物:ロシアLNG事業で209億円損失-1000億円自己株取得

更新日時

三井物産は2日、ロシアの液化天然ガス(LNG)事業を中心に同国の格付け低下に伴う割引率の見直しなどから、前期(2022年3月期)に209億円の関連損失を計上したと発表した。

  同日に発表した決算短信で、将来ロシアの格付け変更や同社のロシアLNG事業に関連した方針が変更された場合には、翌年度の関連する投資や融資、保証の金額に「重要な影響を与える可能性がある」と説明した。

三井物:通期純利益予想、市場予想とほぼ同じ

  同社の前期末のロシアLNG事業に関連する投融資保証残高は4047億円。同社はロシアの天然ガス独占企業ガスプロムや国際石油資本の英シェル、三菱商事(出資比率10%)らとともに、極東サハリンでの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」に12.5%出資する。このほかロシア北極圏のLNG事業「アークティックLNG2」にも出資している。

relates to 三井物:ロシアLNG事業で209億円損失-1000億円自己株取得
サハリン2のLNG施設
Photographer: Hector Forster/Bloomberg News

  堀健一社長は同日の決算会見で、サハリン2については日本の「重要なエネルギー源」であり、「参画を継続していく」と話した。一方で、後発のアークティックLNG2については「大きなスケジュール変更はしていないが、ウクライナ情勢で油断ならず、その状況次第」だとして、「発表すべきことあった場合に速やかに開示する」と述べた。

  また、同社は株主還元の拡充と資本効率の向上を目的に、1000億円(5000万株)を上限に自己株式を取得することも発表した。発行済み株式総数に対する割合は3.1%で、取得期間は6日から9月22日までとしている。

(決算発表会見の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE