コンテンツにスキップする

中国ストラテジストの微信アカウント凍結-コロナ絡みで検閲強化か

  • 積極的な発言で知られる交銀国際の洪灝氏-コロナ規制への懸念示す
  • フォロワー数が300万人を超える微博アカウントも停止モード

中国を担当する交銀国際の洪灝ストラテジストがソーシャルメディアの微信(ウィーチャット)に持つアカウントが凍結された。積極的な発言で知られる同氏は最近、中国に関する弱気なリポートを出していた。

  「洪灝の中国市場戦略」と題されたアカウントは少なくとも4月30日の遅い時間から停止されている。このアカウントに掲載された通知によれば、全てのコンテンツにアクセスできないようになっている。微信のアカウント規定への違反が理由だとしている。

  洪氏は別の中国ソーシャルメディア、微博(ウェイボ)にもアカウントを所有。フォロワー数が300万人を超える同アカウントは30日午後時点でまだ有効だったが、停止モードになっていた。

  洪氏のどの投稿が違反とされたのかは不明。新型コロナウイルスを徹底的に封じ込める「ゼロコロナ」戦略を堅持している中国はここ数週間、景気に悪影響を及ぼしているロックダウン(都市封鎖)に関係するソーシャルメディア上の投稿を検閲している。 

  微信を通じ洪氏にアカウント凍結についてコメントを求めるメッセージを送付したが、すぐに返答はなかった。

  洪氏は3月下旬、上海市がロックダウンを実施する中で、コロナ規制に関する懸念を表明。ツイッターに「上海:ゼロムーブメント、ゼロGDP(国内総生産)」と投稿した。

原題:China Analyst Hong Hao Has Social Media Accounts Frozen (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE