コンテンツにスキップする

「ボアード・エイプ」仮想土地取引が過熱、420億円調達-手数料高騰

  • ユガ・ラブズのメタバース企画関連で3.2億ドル相当を調達
  • NFTにする作業の手数料、バーチャル土地1区画の価格を上回る

デジタル資産の一種で非代替性トークン(NFT)として人気の「ボアード・エイプ・ヨット・クラブ(ヨットクラブの退屈したサル)」を手掛けるユガ・ラブズは4月30日、同社のメタバース企画に関連するバーチャルな土地の売却を開始し、約3億2000万ドル(約420億円)相当を調達した。この種の売り出しとしては過去最大規模で、旺盛な需要から付随する取引が仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン全般に波及、手数料が高騰する展開となった。

  計画中のメタバースのゲームでボアード・エイプ関連としては最新の「アザーサイド」の土地5万5000区画の譲渡証書を購入しようと、認証を済ませたエイプコイン保有者は先を争ったが、これを先取りする形でイーサリアムで取引するNFTのアザーディーズは先週、エイプコインの価格を押し上げていた。

  4月30日時点のエイプコインの価格(19ドル)に基づくと、1区画の購入には約5800ドルのほか、「ガス代」と呼ばれるイーサリアムのネットワーク上で要求される手数料が必要だった。ニューヨーク時間同日午後9時(日本時間5月1日午前10時)に取引が開始され売却額が1億2300万ドルに達すると、需要好調を背景にアザーディーズをNFTにする作業(ミント)の手数料が6000ドル前後相当に跳ね上がったことがイーサスキャンのデータで分かった。これは仮想通貨イーサ2枚相当で1区画の購入費を上回っている。 

  ディファイナーの創業者、ジェーソン・ウー氏は「これまで他のNFT開始でガス代が跳ね上がる例を見たことはあるが、今回はその中でも飛び切りの高さだ」と指摘した。

  デジタル資産をNFT化するミント作業やイーサリアムのネットワーク上での取引には手数料がかかるが、同ネットワークが混雑した場合、その取引を優先させるために手数料はさらに跳ね上がる。

  ユガ・ラブズは当初、アザーディーズの価格が時間の経過とともに下がることでイーサリアムのネットワーク上の混雑を未然に防ぐダッチ方式での取引を予定していたが、最終的にアザーディーズに購入上限を設ける方式に変更した。しかし、取引の過熱を和らげることはできず、ユガ・ラブズはツイッター上で謝罪。エイプコインのブロックチェーン設立の可能性を示唆した。

relates to 「ボアード・エイプ」仮想土地取引が過熱、420億円調達-手数料高騰
 
Source: Bloomberg

  アザーサイドのツイッターのアカウントによると、バーチャル土地と引き換えに調達されたエイプコインの取引は1年間停止されるため、市場流通量は減ることになる。ユガ・ラブズの広報担当者は4月29日、調達資金の行き先についてコメントを控えた。

 

Inside CoinUnited Cryptocurrency Exchange in Hong Kong
香港の仮想通貨交換業者コインユナイテッドが展示したボアード・エイプのアート作品(左上)など
Source: Bloomberg

原題:

Bored Ape Metaverse Frenzy Raises Millions, Crashes Ethereum (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE