コンテンツにスキップする

中国売りが新興国市場に波及-2015年のメルトダウンに類似

  • 新興国資産はここ2年間で最大の下落となっている
  • 南ア・ランド失速、ブラジル・コロンビア・チリ通貨の下げも目立つ

中国資産の幅広い売りは新興国市場に波及しており、成長を阻害するとともに、株式や通貨から債券に至る全てが下落する恐れがある。

  中国の新型コロナウイルス感染再拡大と政府の厳格な封じ込め政策を受け、中国のロックダウン(都市封鎖)の影響が需要減少やサプライチェーンの混乱を通じて世界に波及するとの懸念が広がった。これは中国の通貨・債券・株式だけでなく、対中貿易への依存が大きい新興国の資産の売りも招いている。

  その結果、新興国資産はここ2年間で最大の下落を演じ、中国を巡る懸念が新興国市場の債券・通貨・株式の急落につながった2015年のメルトダウンとよく似た状態に陥っている。同年以降、中国の世界経済に対する影響力は拡大の一途にある。中国は今や世界最大の資源購入国であり、同国の不振は原材料の輸出国とその市場にさらなる影響を及ぼす可能性を意味するのだ。

  ウィリアム・ブレア・インベストメント・マネジメントの資産運用者、ジョニー・チェン、クリフォード・ラウの両氏は「世界のサプライチェーンと成長見通しに対する中国の重要性を考えると、同国の成長がさらに期待外れとなれば、波及リスク拡大につながる」と分析。 「中国との貿易関係が強い国が最も脆弱(ぜいじゃく)だと考えている」と指摘した。

Dollar-yuan jump hurts emerging currencies as inverse correlation strengthens
 
 

  オフショア人民元は月間ベースで少なくとも12年間で最大の下げを記録。元が約30%のウェートを占めるMSCI新興国通貨指数も連動して下げた。同指数と人民元の30日間の相関関係は昨年9月以降の高水準に上昇し、新興国市場売りでの同通貨の影響が浮き彫りになっている。上海市が現在のコロナ拡大局面で初の死者を発表した後、パニック売りは債券と株式に広がった。

  外為市場では南アフリカ・ランドが4カ月間の上昇率をわずか2週間で消した。また、ブラジル・レアル、コロンビア・ペソ、チリ・ペソの下げも目立っている。キャリー取引の損失も拡大し、昨年11月以降で最大の損失を記録した。

原題:

China Contagion Threatens to Derail the World’s Emerging Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE