コンテンツにスキップする

G7サミットにインド首相招待へ、ドイツがロシア孤立化図る

更新日時
  • インドネシアと南ア、セネガルの首脳もサミットに迎える方針
  • 独首相府の報道官が2日の記者会見で明らかにした

ドイツのショルツ首相は、6月26-28日に同国で開く主要7カ国首脳会議(G7サミット)にインドのモディ首相を特別に招待する。反ロシアの国際的同盟を広げる取り組みの一環。

  今年のG7議長国であるドイツは、インドネシアと南アフリカ共和国、セネガルの首脳もサミットに迎えると独首相府のヘベシュトライト報道官が2日の定例記者会見で述べた。ショルツ首相は同日、ベルリンでモディ首相と会談するほか、独印の共同閣議も行われるという。

  モディ首相はウクライナを侵攻したロシアを批判せず、ロシアからインドへの化石燃料輸出が急増しているため、ショルツ首相は数週間前には招待の是非を決めかねていた。しかし増え続ける人口と民主主義国家としての長い歴史を持つインドは、ロシア孤立化の取り組みで有益なパートナーになり得るとして、G7としてインドを懐柔した方が得策だと判断した。事情を知る関係者が匿名を条件に語った。

原題:Germany to Woo India With G-7 Invite in Bid to Isolate Putin (1)(抜粋)

 

(第2段落にドイツの発表について追加します。更新前の記事でモディ首相の国名を訂正済みです)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE