コンテンツにスキップする

ギリアド、1-3月に減損費用27億ドル-コロナ薬売上高は予想上回る

米バイオ医薬品メーカー、ギリアド・サイエンシズが28日発表した1-3月(第1四半期)決算は、強弱入り交じった内容となった。新型コロナウイルス感染症(COVID19)治療薬「ベクルリー」(一般名レムデシビル)の売上高が予想を上回った一方で、2020年のイミュノメディクス買収に関連し27億ドル(約3500億円)の減損費用を計上した。

  • 同社の発表によれば、1-3月期の売上高は66億ドルと、アナリスト予想平均(62億ドル)を上回った。一部項目を除いた1株利益も2.12ドルと、市場予想(1.82ドル)を上回った
  • 1-3月期のベクルリーの売上高は15億ドルと、昨年10-12月(第4四半期)から増加し、アナリスト予想平均(11億ドル)を上回った

原題:

Gilead Takes $2.7 Billion Writedown; Covid Drug Tops Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE