コンテンツにスキップする

トルコ、年末のインフレ率予測を42.8%に上方修正-エネルギー高で

  • 23年末のインフレ率は12.9%、24年は8.3%前後への減速見込む
  • 食料品価格は今年49%上昇と予測、1月時点の24.2%から引き上げ

トルコ中央銀行は年末のインフレ率予測を42.8%と、今年1月時点の23.2%から上方修正した。エネルギーの輸入コスト上昇と通貨リラの下落が背景だ。

  カブジュオール総裁によれば、インフレ率は来年末までに12.9%、2024年には8.3%前後に減速すると見込まれている。同国の公式インフレ目標は5%。

  同総裁はアンカラで行われた記者会見で、最新予測を含む中銀の四半期インフレ報告を発表。消費者物価指数の構成品目のうち約4分の1を占める食料品の価格は年末時点で前年同月比49%上昇するとの見通しを明らかにした。1月時点の予測は24.2%の上昇だった。

  ロシアのウクライナ侵攻によってエネルギー価格が記録的に高騰し、トルコの貿易赤字は拡大した。物価安定の目標達成には持続可能な経常収支が鍵を握ると、カブジュオール総裁は指摘した。

  リラ建て輸入コストの上昇だけで今年のインフレ率予測を5.5ポイント押し上げており、食料品価格の上昇も2.8ポイントの押し上げに寄与した。

原題:Turkey Raises 2022 Inflation Forecast to 42.8% on Energy Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE