コンテンツにスキップする

クアルコム株が急伸、4-6月売上高見通しが市場予想上回る

  • 4-6月売上高は105億-113億ドルへ、市場予想99.7億ドル
  • クアルコム株は時間外取引で一時7.3%上昇

スマートフォン用半導体最大手の米クアルコムの株価が27日の時間外取引で急伸。新規市場への進出拡大を支えに力強い売上高見通しを示したことが好感された。

  クアルコムによると、4-6月(第3四半期)売上高は105億-113億ドル(約1兆3500億-1兆4500億円)、1株利益は2.75-2.95ドルの見通し。アナリスト予想平均は、売上高が99億7000万ドル、1株利益が2.60ドルだった。

  クアルコムの主力製品は、世界のスマートフォンの多くを動かすプロセッサーや、アップルの「iPhone(アイフォーン)」を高速データ通信ネットワークに接続するチップ。このためクアルコムはこうした機器の需要に特に影響を受けやすいが、クリスティアーノ・アモン最高経営責任者(CEO)の下で同社はそうしたスキルを活用し、自動車やネットワーキング、コンピューターの分野で存在感を高めようとしている。

Growth Spurt

Qualcomm is trying to return to its sustained expansion of a decade ago

Source: Bloomberg

  クアルコムは業績見通し発表後の時間外取引で一時7.3%上昇。27日の通常取引終値は135.10ドル。

  アナリストの間ではグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォンの中国での需要鈍化が指摘されていたが、クアルコムのスマートフォン用チップ売上高は1-3月(第2四半期)に63億3000万ドルと、市場予想の59億9000万ドルを上回った。

  IoT(モノのインターネット)部門の売上高は17億ドルで、市場予想平均は16億ドルだった。

  1-3月期の1株利益は一部項目を除いたベースで3.21ドルで、市場予想平均は2.93ドル。売上高は112億ドルで、市場予想の106億ドルを上回った。

原題:

Qualcomm Gains After Chipmaker Provides Upbeat Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE