コンテンツにスキップする

ディズニーが陰謀論「Qアノン」の標的に-ネット上で偽情報が拡散

  • Qアノンはディズニーに関するさまざまな虚偽情報を広めている
  • Qアノン信奉者に人気のチャットなどでディズニー攻撃収まらず
Mickey Mouse waves to fans during a parade at Walt Disney World Resort.

Mickey Mouse waves to fans during a parade at Walt Disney World Resort.

Photographer: Arturo Holmes/Getty Images North America

陰謀論者集団「Qアノン」がここ数週間、米ウォルト・ディズニーに関する虚偽の情報をインターネット上で拡散させ、同社に対する極めてネガティブなセンチメントを生み出そうとしている。

  フェイスブックやツイッターなど複数のプラットフォーム上で、ディズニーが6億3600万ドル(約814億4000万円)相当のテーマパーク予約を失った、また動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」で35万人が契約を解除したという事実に反した内容の投稿が広がった。一部には、ディズニーのボブ・チャペック最高経営責任者(CEO)が人身売買と児童ポルノに関連して拘束されたという偽記事へのリンクが付いた投稿さえ存在する。

  こうした投稿の多くは既に削除され、ポリティファクトやファクトチェック・ドット・オーグといった事実確認機関により虚偽であることが証明されている。だがQアノン信奉者に人気のフォーラムやチャットアプリ「テレグラム」では、ディズニーに対する攻撃は緩んでいない。

  Qアノンについての書籍「The Storm Is Upon Us」の著者マイク・ロスチャイルド氏は、「全くばかげているが、Qアノン信奉者はこうした類いのものが大好きだ。闘う相手を与えてくれるからだ」と指摘した。

Hurricanes
ディズニー・ワールドのテーマパーク「マジック・キングダム」(フロリダ州オーランド)
Photographer: David Ryder/Bloomberg

  ディズニーは、フロリダ州のデサンティス知事など保守派との対立が深まっていた。性自認や性的指向に関する学校教育を制限する内容の州法案をディズニーが批判したことが背景にある。知事は22日、ディズニーから同州内での自己統治の特権を剥奪する法案に署名した。デサンティス知事の報道官は、知事がQアノン信奉者に人気のウェブサイトから「手掛かりを得ることはない」と述べた。

米フロリダ州議会、ディズニーから自治の特権剥奪する法案可決

原題:Disney Targeted by QAnon Believers Using Meme-Stock Tactics (1)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE