コンテンツにスキップする

ハリス米副大統領、ファイザーのコロナ飲み薬「パキロビッド」服用へ

  • 26日に陽性判明、主治医との相談でパキロビッドによる治療決める
  • バイデン政権が普及を後押し、入手可能な薬局を大幅に増やす計画

新型コロナウイルス検査で26日に陽性が判明したハリス米副大統領は、治療のため米ファイザーの飲み薬「パキロビッド」を服用すると、同氏の報道官が明らかにした。バイデン政権は同治療薬の普及を後押ししている。

  アレン副大統領報道官はツイートで、ハリス氏(57)が主治医と相談した上でパキロビッドによる治療開始を決めたと説明。副大統領オフィスによると、現在無症状だという。

ハリス米副大統領がコロナ感染-バイデン氏は濃厚接触者に該当せず

  米食品医薬品局(FDA)によるパキロビッド使用許可の規定は投与対象を重症化リスクの高い患者としている。ホワイトハウス当局者は米疾病対策センター(CDC)ガイドラインでは重症化リスクは50代から増加するとされていると指摘した。

Vice President Harris Delivers Remarks On Making Historically Black Colleges And Universities Safer
ハリス米副大統領
Photographer: Leigh Vogel/Bloomberg

  バイデン政権はこの日、パキロビッドを入手できる薬局の数や、検査と同治療薬の処方の両方を受けられるスポットを大幅に増やすと表明した。

  パキロビッドは症状発現から5日以内に服用した場合に有効とされている。米政府とファイザーは2000万人分の供給契約を結んでおり、米政府によるとこれまでに約50万回分が投与されている。日本でも2月10日に特例承認された。

厚労省がファイザーの新型コロナ飲み薬を特例承認-国内2例目 (1)

原題:Vice President Harris Taking Pfizer’s Paxlovid to Treat Covid(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE