コンテンツにスキップする

大和証G、1-3月期の純利益は65%減-リテールなど不振で

更新日時
  • 通期の純利益は13%減の949億円、アナリスト予想983億円を下回る
  • 250億円の自社株買いと7.6%分の自社株消却も発表
Signage for Daiwa Securities Co., a unit of Daiwa Securities Group Inc., displayed outside one of the company's branches in Tokyo. Daiwa Securities Group is scheduled to release earnings figures on April 27.

Signage for Daiwa Securities Co., a unit of Daiwa Securities Group Inc., displayed outside one of the company's branches in Tokyo. Daiwa Securities Group is scheduled to release earnings figures on April 27.

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

大和証券グループ本社が27日発表した2022年1-3月期(第4四半期)連結純利益は前年同期比65%減の180億円だった。ホールセール部門が落ち込んだほか、リテール部門も不振だった。

1-3月期の主な収益(増減は前年同期との比較)
  • 営業収益は11%減の1483億円
    • 委託手数料は27%減の177億円
    • 引き受け・売り出し手数料は31%減の51億円
    • 募集・売り出し手数料は46%減の34億円
    • トレーディング損益は34%減の208億円

    同日、電話会見した佐藤英二最高財務責任者(CFO)は、リテールの足元の状況について「引き続き不安定な相場展開だが、顧客アクティビティは2月を底に回復傾向にある」と述べた。1ー3月期は株式投信販売や外国株売買が減少した。

1ー3月期のセグメント別の純営業収益(増減は前年同期との比較)
  • リテール部門 15%減の421億円
  • ホールセール部門 25%減の450億円
  • アセット・マネジメント部門 33%増の178億円

    22年3月期通期の純利益は前の期比13%減の949億円だった。ブルームバーグが集計したアナリスト予想の平均983億円を下回った。企業の合併・買収(M&A)収益は過去最高を更新した。

    期末配当は1株当たり16円(前年同期は25円)とし、年間配当は同33円(同36円)となる。発行済み株式総数の2.2%、250億円を上限とする自社株買いの実施も発表した。5月10日付で発行済み株式総数の7.6%分の自社株消却も実施する。

  また、大和証Gは同日、日本郵政との提携で最初の商品となる「ゆうちょファンドラップ」を5月9日からゆうちょ銀行で販売すると発表した。金融機関に運用を一任する商品。

    佐藤CFOはゆうちょ銀の巨大な顧客基盤や事前アンケートでの顧客の資産形成への関心の高さから「このビジネスは大きく拡大すると思っている」と述べ、「数年の間に残高で1兆円規模になることを期待したい」と意気込んだ。

Views of Nomura and Daiwa Securities Ahead of Earnings Announcement
大和証券のロゴ
Source: Bloomberg
(第5段落以降に日本郵政との提携についての情報を追加し、記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE