コンテンツにスキップする

HSBC、1-3月利益は市場予想上回る-融資が拡大

更新日時
  • 1-3月はパーソナルバンキング事業も堅調だった
  • 予想信用損失を6億ドル計上し利益圧迫-前年同期は戻し入れ

英銀HSBCホールディングスの1-3月(第1四半期)決算では、利益が市場予想を上回った。世界経済が直面するさまざまな問題を切り抜けた格好だ。

  26日の発表資料によると、1-3月の調整後税引き前利益は47億1000万ドル(約6030億円)で、同社がまとめたアナリスト予想44億9000万ドルを超えた。融資が伸びたほか、パーソナルバンキング事業が堅調だった。

  1-3月にはロシアのウクライナ侵攻や中国の商業不動産などに関連して6億ドルの予想信用損失(ECL)を計上し、利益を圧迫した。前年同期は戻し入れだった。

  ノエル・クイン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「市場がウェルス事業の収入に与えた影響とECL水準の一段の正規化を背景に利益は前年同期を下回ったが、あらゆる事業・地域で融資が拡大したほか、パーソナルバンキングや保険、貿易金融で事業が順調に伸びたことは、向こう数四半期にとって良い前兆だ」と指摘した。

原題:HSBC First-Quarter Earnings Beat Estimates on Lending Rise (1)(抜粋)

(3段落目にECL計上の要因を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE