コンテンツにスキップする

ドイツ企業の期待指数、4月に予想外の改善-戦争直後の衝撃乗り切る

ドイツ企業の景況感は4月、前月から予想外に改善した。ロシアによるウクライナ侵攻直後の衝撃を企業が乗り切ったことが示唆された。

  Ifo経済研究所が25日発表した4月の独企業期待指数は86.7と、前月の84.9から上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は83.5への低下だった。現況指数も若干上昇した。

4月のドイツ Ifo 企業景況感指数概要(表)

  Ifoのクレメンス・フュースト所長は発表資料で「ドイツ経済のセンチメントは低水準で落ち着いた」と指摘、「ドイツ経済はロシアの攻撃直後に衝撃を受けた後、底堅さを示している」と続けた。

原題:German Business Confidence Unexpectedly Improves Despite War(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE