コンテンツにスキップする

中国の国有銀行、預金金利引き下げ-当局の景気支援要請に対応

  • 2年、3年、5年物の金利それぞれ10bp下げ-2年物CD2.6%に
  • 要請に応じれば中銀のマクロプルーデンス評価で加点-関係者

中国の大手国有銀行は、一部の個人向け預金金利を引き下げた。新型コロナウイルス感染拡大で見通しが悪化する中国経済の支援を訴える政府の要請に応じた。

  中国工商銀行と中国建設銀行、中国農業銀行、交通銀行は、譲渡性預金(CD)などの2年物と3年物、5年物の利率をそれぞれ10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き下げた。引き下げ後の2年物CD金利は2.6%。

  中国当局は今月に入り、指標金利に対する上乗せ幅を全ての預金期間において10bp引き下げるよう銀行に促していた。義務ではないものの、銀行がこれに応じれば中国人民銀行(中央銀行)が四半期ごとにマクロプルーデンス評価を行う際に加点されると事情に詳しい関係者は話していた。

関連記事

原題:

China’s Megabanks Cut Rates on Deposits to Shore Up Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE