コンテンツにスキップする

原因不明の小児急性肝炎、欧米で症例拡大-WHOが究明急ぐ

  • 1人が死亡、10数人が肝臓移植受ける-21日時点で169人以上に症状
  • ウイルス性肝炎の典型原因は該当せず、多くはアデノウイルスに感染

英米を含む10数カ国で原因不明の小児急性肝炎の症例が増えており、これまでに1人が死亡、10数人が肝臓移植を受けたと世界保健機関(WHO)が23日に明らかにした。

  WHOの声明によれば、症例が報告されたのは生後1カ月から16歳の子どもで、21日時点で少なくとも169人に症状が確認された。現在原因の究明に当たっているが、ウイルス性肝炎の典型的な原因は該当しないという。

  今月5日にWHOが報告を受けていたのは、英スコットランドの10人に見られた黄疸(おうだん)や下痢、嘔吐(おうと)、腹痛といった症状で、3日後には英国で74人に症状が確認された。21日には英国で114人、スペインで13人、イスラエルで12人、米国で9人が発症。デンマークやイタリア、フランスなどでも症例が報告された。多くは、風邪などさまざまな病気の原因となるアデノウイルスの一種に感染しているという。

  WHOは「原因が確定し、もっと具体的な抑制・予防措置が講じられる前に、症例が増える可能性は非常に高い」とした。

原題:Mystery Liver Disease in Children Spurs Urgent Investigation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE