コンテンツにスキップする

巨大IT企業、多額の罰金に直面も-EUがデジタルサービス法案合意

  • 違反に対しては全世界年間売上高の最大6%の罰金が科される
  • 安全で責任あるオンライン環境形成につながる-ベステアー氏

欧州連合(EU)は23日早朝、デジタルサービス法案(DSA)で合意に達した。これにより、世界の巨大IT(情報技術)企業は多額の罰金に直面しかねない。

  大手テクノロジー企業は自社プラットフォームでの違法コンテンツへの対応が不十分との立場をとるEUは、対応策として今回の合意に至った。2024年の早い時期に施行され、違反に対しては全世界年間売上高の最大6%の罰金が科される。

  21年の売上高を基にすると、アマゾン・ドット・コムは理論的には最大260億ユーロ(約3兆6000億円)、グーグルは最大140億ユーロなどと、違反の代償は極めて大きくなりそうだ。

主な内容は:

  • ターゲティング広告のための人種や宗教といった要注意データの使用禁止
  • 未成年者をターゲットにした広告の禁止
  • オンライン上でユーザーを不利な行動に誘導する手法、いわゆる「ダークパターン」の禁止

  EUの行政執行機関、欧州委員会のベステアー上級副委員長(欧州デジタル化総括、競争政策)はこの日の声明で、「DSAは、安全で責任あるオンライン環境を形成することにつながる」と指摘した。

  一方、グーグルはDSAの目標を歓迎するとし、「それが万人にとって機能するよう、残りの技術的詳細をきちんと整えるために当局と協力していくこと」を楽しみにしているとコメントした。

原題:Tech Companies Face Landmark Fines Under EU’s New Content Rules(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE