コンテンツにスキップする

ECB利上げは7月開始、短期金融市場が織り込む-来年末まで継続も

  • ECBは9月も連続利上げ、中銀預金金利ゼロに上昇と市場は示唆
  • 中銀預金金利は2023年末には1.5%前後まで引き上げられる見通し
Euro logo is pictured in front of the former headquarter of ECB in Frankfurt.

Euro logo is pictured in front of the former headquarter of ECB in Frankfurt.

Photographer: DANIEL ROLAND/AFP

欧州中央銀行(ECB)が3カ月後に利上げを開始するとの見方を市場は強めている。急激に上昇するインフレを抑えるため、利上げは来年末まで続くと見込まれている。

  短期金融市場は今や、ECB政策委員会が7月と9月の両方でいずれも0.25ポイントの利上げを決定することを織り込みつつある。これが実現すれば、ECBの中銀預金金利は9月にゼロに戻る。さらに同金利は2023年末には1.5%前後と、08年以来の高水準になることが示唆されている。

Ramping Up

Traders wager on the ECB's deposit rate reaching 0% in September

Source: Bloomberg

  ECB政策委員から7-9月の早い時期に利上げがあり得るとの発言が最近相次ぎ、市場はこの可能性を急速に織り込んだ。22日に発表された4月のユーロ圏購買担当者指数(PMI)速報値が予想外に改善したことも、金融引き締めの論拠を強めた。

ユーロ圏の4月総合PMI速報値は55.8、予想53.9

  ダンスケ銀行のチーフストラテジスト、ピエト・クリスティアンセン氏は「ECB当局者による今週のタカ派的発言を踏まえれば、7月を非常に現実的な選択肢として考え始めるべきだ」と語った。

原題:

Traders Bet ECB Rate Liftoff in July, Sparking a Series of Hikes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE