コンテンツにスキップする

欧州の社債、記録上最悪の値下がり-昨年8月の高値から8.6%下落

  • ユーロ建て高格付け債のトータルリターン指数が急落
  • 債券投資に良い時期ではない-アクティアムのエンダー氏

欧州の社債市場が史上最悪の売りに見舞われている。

  ユーロ建て高格付け債2兆6000億ユーロ(約360兆円)相当のトータルリターン指数は、昨年8月に付けた最近の高値から8.6%下げた。ブルームバーグの指数によると、これはピークから底に至る下落としては、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)初期や10年以上前の世界的金融危機時よりも激しい下げとなっている。

  オランダの資産運用会社アクティアムのクレジットアナリスト、ダニエル・エンダー氏は「債券投資に良い時期ではない。損失が非常に大きく、株式に対する社債運用実績の悪さには留意が必要だ」と述べた。

  同社の旗艦クレジットファンドは、市場の動きを追う指数よりも良好なパフォーマンスだが、今年これまでの損失で過去5年間に得た利益の大きな部分が失われた。

Euro credit is suffering its sharpest fall from grace in history
 
 

原題:Europe Company Bonds Suffer Worst Peak-to-Trough Drop in History (抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE