コンテンツにスキップする

【ウクライナ】米国務・国防長官がキーウ入り、全土大半に空襲警報

更新日時
  • EU、ロシア産石油輸入に対する制裁を準備-タイムズ紙
  • マリウポリの製鉄所へ空爆続く、オデッサの武器貯蔵施設攻撃とロ軍

米国のブリンケン国務長官とオースティン国防長官が24日遅くウクライナの首都キーウ(キエフ)に到着した。ウクライナ大統領府の顧問が明らかにした。両長官はゼレンスキー大統領と会談する。

米国務、国防両長官がキーウでゼレンスキー大統領と会談-顧問明かす

  ロシアによるウクライナ侵攻は3カ月目に突入。24日夕方には全土の大半で空襲警報が出た。ゼレンスキー大統領は、支援国からの兵器供給ペース加速が反撃能力の強化に寄与し得るとして歓迎した上で、キエフを訪れる米国の国務・国防長官は「手ぶらでここへ来るべきでない」と述べた。

  ロシア軍は南東部マリウポリのアゾフスタル製鉄所への空爆を継続。製鉄所には2000人前後のウクライナ兵が立てこもっている。ロシアはまた、黒海沿岸のオデッサで外国からウクライナに供与された武器を貯蔵する「大規模な施設」を攻撃したと発表。このミサイル攻撃によって乳児1人を含む8人が死亡し、18人が負傷したとゼレンスキー大統領は述べた。

  国連のグテレス事務総長はトルコとウクライナ、ロシアの各首脳と数日中に相次いで会談する。

Zelenskiy Press Conference
キーウの地下鉄駅で報道陣の取材に応じるゼレンスキー大統領
Source: Bloomberg
コラムとQuickTake

  ウクライナ情勢を巡る最近の主な動きは以下の通り。

EU、ロシア産石油輸入に対する制裁を準備-タイムズ紙

  欧州連合(EU)はロシア産石油輸入に対し、欧州経済への経済的悪影響を最小限ににとどめる形の制裁を準備している。欧州委員会のドムブロフスキス上級副委員長が英紙タイムズに明らかにした。

米国務・国防長官がキーウ入り-ウクライナ大統領顧問

  米国のブリンケン国務長官とオースティン国防長官が24日遅く、ウクライナの首都キーウに到着した。ウクライナ大統領府のアレストビッチ顧問がユーチューブ上で配信されたインタビューで明らかにした。同顧問は、両長官がゼレンスキー大統領と会談していると語った。

ウクライナ全土の大半に空襲警報

  テレグラムを介するウクライナの空襲警報システムによると、西部のリビウや黒海沿岸のオデッサ、北部ハリコフなど、同国の大部分で24日夕方に空襲警報が鳴り響いた。

  当局はキリスト教東方正教会の復活祭(イースター)の週末に空襲が激しくなる可能性があると、国民に警告していた。

国連事務総長とプーチン氏の会談「良い考えではない」とウクライナ

  ゼレンスキー大統領の側近は、26日に予定されているグテレス国連事務総長とロシアのプーチン大統領との会談はグテレス氏にとって「良い考えではない」と述べた。米NBCの番組で、「グテレス氏がモスクワを訪れ、プーチン大統領と話す意図がわれわれには分からない」と語った。

マリウポリから民間人退避させられず

  ウクライナのベレシチューク副首相は、24日はマリウポリから民間人を退避させることはできなかったと述べた。戦闘停止に関するロシアからの保証が得られなかったためだという。

  市内のアゾフスタル製鉄所には女性と子ども約1000人のほか、数百人の負傷兵がおり、このうち50人ほどは緊急治療が必要だと同副首相は説明した。

ゼレンスキー氏とトルコ大統領会談

  ゼレンスキー大統領は24日、トルコのエルドアン大統領と会談したとツイッターで明らかにした。ゼレンスキー氏は会談で、マリウポリから民間人を緊急に避難させる必要性を強調したという。エルドアン大統領は25日にトルコの首都アンカラでグテレス国連事務総長と会談する予定。

ウクライナ、ドンバスで防衛続ける

  ロシア軍はドンバスで幾分占領地域を広げたが自軍に大きな犠牲を出したもようだと、英国が情報収集の結果を発表した。ウクライナはドンバスで多くの攻撃を押し戻したという。

トルコ、シリアへ向かうロシア機に対し空域閉鎖

  トルコはシリアへと向かうロシア機に対して空域を閉鎖した。エルドアン大統領がプーチン大統領に電話で伝えたという。

ドイツ、債券発行400億ユーロ拡大へ-ウクライナ戦争に対応

  ドイツ政府は今年の債券発行計画を約400億ユーロ(約5兆5500億円)拡大する。ウクライナ戦争に対応する。これにより純新規発行額は約1400億ユーロとなる。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

米国務長官と国防長官が訪問へ-ゼレンスキー氏

  ウクライナのゼレンスキー大統領は、ブリンケン米国務長官とオースティン米国防長官が24日にキーウを訪問するとし、ウクライナ軍への追加武器供給について協議すると述べた。米国家安全保障会議(NSC)と国務省からは23日午後の時点でコメントは得られていない。実現すれば2月24日のロシアのウクライナ侵攻以降で初めての米高官によるキーウ訪問となる。

オデッサへの砲撃で民間人6人が死亡-乳児含め

  ロシアのミサイルがオデッサの集合住宅に命中し6人が死亡、18人が負傷した。救急当局が明らかにした。ウクライナ側によれば死亡者には生後3カ月の乳児が含まれていた。

ウクライナ経由の欧州向けガス、3分の1が失われる恐れ-ナフトガス

  ウクライナの国営エネルギー会社ナフトガスの最高経営責任者(CEO)は、同国経由で欧州に送られるガスの3分の1が、ロシアの領土占領によって失われる恐れがあると述べた。

世界で料理用油が供給逼迫の恐れ

  インドネシアは国内での品不足を受け料理用油の輸出を停止する計画だ。同国はヒマワリ油の主要輸出国で、ロシアのウクライナ侵攻を受けた供給逼迫(ひっぱく)が一段と広がることになる。BBCは22日、英国では一部のスーパーが買い物客に対し料理用油の購入制限を行っていると報じた。

Trade Heavyweight

Indonesia accounts for more than a third of major vegetable oil exports

Source: USDA estimates for 2021-22 season

ウクライナへの侵攻は始まりにすぎず-ゼレンスキー大統領

   ロシア軍の幹部がウクライナでの戦争目的について、同国東部ドンバス地方はもとより、南部全体の支配を確保することだと語ったことを受けて、ゼレンスキー大統領は22日遅く、ウクライナへの侵攻は始まりにすぎないと語った。 

  夜のビデオ演説で「これは私が何度も述べてきたことを裏付けるだけだ。ロシアのウクライナ侵攻は始まりにすぎず、ロシアは他の国々にも侵攻したい意向だ。次はどこだ」と問い掛けた。

  このロシア軍幹部はウクライナと隣り合うモルドバまで戦線を拡大させる可能性も示唆したという。

マリウポリ巡る戦闘、終結しておらず-英国防省

  英国防省は、ロシアは「マリウポリを制圧したと発表したが、激しい戦闘がなお継続しており、同市を掌握する作戦にてこずり、ドンバス地域でロシア軍が期待する進展には一段の遅れが出ている」との最新情報を明らかにした。 

グテレス国連事務総長、来週にウクライナでゼレンスキー大統領と会談

  グテレス国連事務総長は来週、ウクライナでゼレンスキー大統領と会談を行う予定だ。国連が22日明らかにした。 

ミサイル巡洋艦「モスクワ」沈没で、1人死亡し27人が行方不明

  ロシア国防省は、黒海艦隊旗艦のミサイル巡洋艦「モスクワ」が先週沈没したことについて、兵士1人が死亡、27人が行方不明になっていると発表した。同省は艦上で火災があり、港にえい航中に荒天の中で沈没したと説明している。

グテレス事務総長、26日にモスクワでプーチン氏と会談

  グテレス国連事務総長は26日にモスクワでロシアのプーチン大統領に「面会」すると、国連とロシア大統領府が発表した。ラブロフ外相との昼食会も予定しているという。グテレス氏は今週、プーチン氏とウクライナのゼレンスキー大統領にそれぞれ、平和に向けた「緊急措置」を話し合う会合を呼び掛けていた。

ロシアは「工業化の退行」に直面-ロシア中銀

  ロシアは米国などの制裁で重要な製品やテクノロジーが入手できなくなり、高インフレと生活水準の低下を伴う深刻で長期的な経済縮小に向き合うことになると、同国中銀のエコノミストらが予想した。

  戦争開始以来、公表された内容としては最も詳しい経済見通しで同中銀は「縮小の規模はかなり大きくなる可能性がある」と警告。制裁による供給面の打撃が速やかに消える公算は小さいとも指摘し、これを抜け出す軌道に入るには長い時間がかかる可能性があるとの見方を示した。制裁で禁止された西側の製品に代わり低品質のテクノロジーを採用せざるを得なくなり、ロシアは「工業化の退行」に見舞われるだろうとしている。  

Deep Contraction

Sanctions are driving Russia into its longest recession in years

Source: Federal Statistics Service, IMF forecast for 2022-2023

EU大統領、プーチン氏に安全な回廊の設置促す

  欧州連合(EU)のミシェル大統領(常任議長)はプーチン大統領と電話会談し、ウクライナの主権をEUは支持していると強調。マリウポリなどロシア軍が包囲するウクライナの都市について、「人道的なアクセスと安全な避難回廊を直ちに設置するよう強く促した」とツイッターで明らかにした。

ロシアが勝利する「現実的な可能性」-英首相

  ウクライナでのロシアの勝利には「現実的な可能性」があり、戦争は来年末まで長引くかもしれないと、ジョンソン英首相が訪問先のデリーで記者団に語った。英国が来週、キエフで大使館を再開するとも明らかにした。

  ジョンソン氏はまた、ロシアの侵攻に対するインドの姿勢を擁護。モディ首相はすでに何度もプーチン大統領との仲裁に入ったと述べた。

関連記事

原題:Ukraine Latest: Blinken, Austin in Kyiv for Talks With ZelenskiyUkraine Latest: Air Raid Sirens Heard Across Most of Country(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE