コンテンツにスキップする

バイデン政権、ウクライナに対する13億ドル規模の追加支援を発表

バイデン米大統領は21日、ウクライナ向けの13億ドル(約1700億円)規模の追加支援を発表した。ロシアがウクライナ東部への攻撃を強める中、バイデン氏は米議会に追加支援を認めるよう求める。

  今回の支援はすでに今会計年度で承認済みの24億ドルのウクライナ支援に追加される形。追加支援のうち8億ドル分は兵器に充てられる見通し。

  バイデン氏はウクライナでの戦争が次の段階に進もうとしていると指摘。「米国と米国の同盟国およびパートナーは、ウクライナが必要とする兵器、同国軍が国を守るのに必要な装備の提供を続けるため可能な限り迅速に動いている」と述べた。

  発表に先立ち、バイデン氏はホワイトハウスでウクライナのシュミハリ首相と会談していた。

原題:Biden Unveils Another $1.3 Billion in Arms, Aid for Ukraine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE