コンテンツにスキップする

アメリカンなど米航空株が上昇、企業の利用や国際便の渡航が回復

American Airlines Group Inc. airplanes stand at passenger gates at Dallas/Fort Worth International Airport (DFW) near Dallas, Texas.
American Airlines Group Inc. airplanes stand at passenger gates at Dallas/Fort Worth International Airport (DFW) near Dallas, Texas. Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

21日の米株式市場で、アメリカン航空グループなど航空株が大幅高。同社は企業による利用や国際便の渡航が回復しつつあり、4-6月(第2四半期)は黒字を見込んでいると明らかにした。

  アメリカンが21日発表した1-3月(第1四半期)決算によれば、売上高は新型コロナウイルス感染がパンデミック(世界的大流行)となる前の水準の84%にまで回復。企業のオフィス勤務再開や、世界的に渡航制限が解除・緩和されたことが背景にある。第2四半期の売上高については、2019年の水準を最大8%上回るとの見通しを示した。第1四半期の赤字額はアナリスト予想より小幅にとどまった。

アメリカン航空グループが1Q速報値を発表:スナップショット

  アメリカン航空の株価は一時10%高。ユナイテッド・エアラインズは一時13%上昇し、デルタ航空も6.3%上げた。

  アメリカン航空の第1四半期調整後1株損益は、1株当たり2.32ドルの赤字。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想の平均は2.42ドルの赤字だった。売上高は889億ドル(約11兆4100億円)、市場予想は882億ドル。

原題:American Air Spurs Rally as Business, Overseas Travel Revive (1)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE