コンテンツにスキップする

上海市のコロナ重症者、前日から一気に3倍増-死者さらに8人

  • 新規感染は減少傾向も今後は死亡数が増えるとの懸念
  • 高齢者のワクチン接種率62%どまり、死亡した計25人の大半も未接種

中国・上海市の保健当局は21日、新型コロナウイルス感染症の重症者が20日時点で159人と、前日の50人強から3倍増となったことを明らかにした。市内の新規感染は減少傾向にあるものの、今後は死亡数が増えるとの懸念が広がっている。

  上海市衛生健康委員会の呉乾渝氏が記者会見で重症者の急増を公表した。20日に8人が死亡し、今回の感染拡大局面での死者数は計25人となった。同日のコロナ新規感染者は1万8495人と、4日連続で減少した。

Shanghai City Lockdown
ロックダウン中の上海市内でコロナ検査を順番に受ける住民(4月20日)
Photographer:Wang Gang/VCG/Gedtty Images

  上海市では高齢者が比較的多く、この年齢層のワクチン接種は低水準。市政府の当局者は高齢者のワクチン接種率が62%にとどまっていると述べており、死亡した25人の大半も未接種だった。

Worrying Signs

Shanghai reports a big jump in severe Covid even as cases moderate

Source: Shanghai Municipal Government

原題:Shanghai Sees Number of Severe Covid Cases Triple in 24 Hours(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE