コンテンツにスキップする

ロシアが新型ICBMの発射実験を実施-米国と同盟国をけん制

ロシアは新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射を行ったと明らかにした。プーチン大統領は、この試射により米国とその同盟国は言動の再考を迫られることになるとの見解を示した。

  ロシアの国営テレビでは、プーチン大統領がミサイル発射の映像を見守る様子が映し出された。プーチン氏は「この唯一無二の兵器はロシア軍の戦力を強化し、外部の脅威からロシアの安全を確実に守るほか、熾烈(しれつ)で攻撃的な言動によりわが国を脅かそうとしている者に再考を迫るだろう」と語った。

  ロシア国防省によれば、今回試射したのはICBM「サルマト」で、北部アルハンゲリスク州のプレセツク宇宙基地から発射された。

原題:Russia Test-Fires Nuclear-Capable ICBM in Warning to U.S. Allies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE