コンテンツにスキップする

FOMCは5月に0.5ポイント利上げか、短期金融市場は100%織り込み

5月の次回米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で政策金利が50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き上げられる確率は100%として、短期金融市場が織り込んでいる。実際にそうなれば、この幅での利上げは今世紀に入って初めてとなる。

  パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長をはじめ、複数の当局者が必要とあれば0.5ポイント利上げの用意があるとの認識をこれまでに示している。セントルイス連銀のブラード総裁は18日、75bp利上げの可能性を排除するべきではないとしながらも、それは自分の基本シナリオではないと述べた。

  FOMCは3月会合で2018年以来となる利上げに踏み切り、追加引き締めの可能性を示唆した。短期金融市場では年末までに合計で228bpの利上げが予想されている。

原題:Money Market Traders Fully Price Half-Point Fed Hike for May(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE