コンテンツにスキップする

中国、強制労働禁じる国際条約批准を決定-新疆問題巡る批判高まる中

中国は、強制労働を禁じる2つの国際条約の批准を決めた。中国に対しては新疆ウイグル自治区での少数民族の扱いを巡って批判が高まっており、欧米諸国との貿易関係に悪影響が及んでいる。

  全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の常務委員会は20日、国際労働機関(ILO)の強制労働条約と強制労働廃止条約の批准を決定した。全人代がウェブサイトで明らかにした。強制労働条約は1930年、強制労働廃止条約は1957年にそれぞれILO総会で採択された。

  ILOはブルームバーグに送付した声明で、「強制労働の廃止は労働における基本原則であり基本的権利だ」とし、「従って、中国によるそうした基本的条約の批准は極めて大きな意味を持つ」と指摘した。

原題:China Signs Forced Labor Treaties as Xinjiang Scrutiny Grows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE