コンテンツにスキップする

経済危機のスリランカ、抗議デモに警察発砲で1人死亡-現地メディア

  • 中部ランブッカナでデモ隊へ実弾発射、複数の負傷者は病院搬送
  • 急激なインフレや生活必需品不足で政府に対する抗議活動が拡大

経済危機に陥っているスリランカで警察がデモ隊に発砲し、少なくとも一人が死亡、複数人が負傷した。現地メディアのほかAFP通信が19日、病院や警察関係者を引用して報じた。同国では急激なインフレや生活必需品不足で政府に対する抗議活動が拡大しているが、死者が出たのは初めて。

  警察メディア部門のコロンボからの電話報告によると、同国中部ランブッカナで線路をふさぎディーゼルの給油所に火を付けようとしていたデモ隊を警察は催涙ガスで排除しようとしたが失敗し、その後に実弾を発射した。負傷者には警官も含まれ、近くの病院に搬送されたという。現地では期限を設けず夜間外出禁止令が出ている。

関連記事

原題:

Police Kill Protester as Sri Lanka Austerity Anger Escalates (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE